【コラム】相続税の計算方法

新大阪駅からすぐの星屋会計事務所では、日々、経営者の身近なパートナーとして、安定的な“成長”と“夢”の実現をお手伝いするために、“お客様ファースト”をモットーにサービス・サポートをお届けしています。

本ブログでは経営者のアイデア・チャンスに繋がる情報を発信して、皆様の経営をバックアップさせていただきます。

今回は“相続税の計算方法”についてです。

相続税の計算の手順は?

相続した財産が一定の金額を超える場合、相続税の申告と納税が必要になります。

申告をする必要があるかどうかは、課税遺産総額により判断することができます。

では、相続税の計算について、順番にみていきましょう。

1.正味の遺産額を計算する

預金や土地、建物など相続により取得したプラスとなる財産と、相続時精算課税が適用となる贈与財産を足した総額から、葬式費用や借入金などのマイナスとなる財産額と非課税財産額を引きます。

その金額に、相続開始前3年以内の贈与財産の額を足した金額が、正味の遺産額となります。

2.課税遺産総額を計算する

1の正味の遺産額から、相続税の基礎控除額を引いた金額が、課税遺産総額となります。

基礎控除額:3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

3.相続税の総額を計算する

2の課税遺産総額を一旦法定相続分で相続したと仮定し、相続税の速算表を参考にして、相続人ごとの相続税額を算出します。

それら相続人ごとの相続税額を合計した金額が、相続税の総額となります。

4.相続人ごとの相続税額を計算する

3の相続税の総額をもとにして、各相続人の相続割合により、相続人ごとの税額を算出します。

最後に、相続人ごとの実際の納税額を計算しますが、配偶者には配偶者の税額軽減という控除があるため、例えば以下のようなケースでは配偶者の納税額は0円となります。

例)課税財産額が1億円であり、配偶者と子(長男・長女)2人が相続人

課税財産額を法定相続分で算出すると

配偶者:1/2=5,000万円
長男:1/4=2,500万円
長女:1/4=2,500万円

各相続人の相続税額は

配偶者:5,000万円×20%−200万円=800万円
長男:2,500万円×15%−50万円=325万円
長女:2,500万円×15%−50万円=325万円

相続税は総額で800万円+325万円+325万円=1,450万円

相続人ごとの実際の納税額(実際の相続割合が、配偶者50%、長男30%、長女20%である場合)

配偶者:1,450万円×50%=725万円→配偶者の税額軽減のため、0円

(課税対象の額が1億6,000万円まで、もしくは配偶者の法定相続分の範囲内であれば無課税となる)

長男:1,450万円×30%=435万円
長女:1,450万円×20%=290万円

こうして計算の手順について見てきましたが、相続税の算出方法はややこしく、相続人の方がご自身で申告するのはなかなか骨が折れる作業かも知れません。

また、相続税には税額控除があるため、適用になるかどうかで納税額も変わってきます。

わからないことが多く不安な方、控除について知りたい方などは、一度専門家にご相談することをおすすめします。

06-6326-6110

お問い合わせ

top