【コラム】相続放棄と相続分の放棄の違い

新大阪駅からすぐの星屋会計事務所では、日々、経営者の身近なパートナーとして、安定的な“成長”と“夢”の実現をお手伝いするために、“お客様ファースト”をモットーにサービス・サポートをお届けしています。

本ブログでは経営者のアイデア・チャンスに繋がる情報を発信して、皆様の経営をバックアップさせていただきます。

今回は“相続放棄と相続分の放棄の違い”についてです。

相続放棄の手続きとは?

遺産相続と聞くと、現金や不動産といったプラスとなる資産をイメージされるかも知れませんが、相続財産の中には借金などのマイナスとなる財産も含まれます。

日本では、相続人は原則的に遺産相続をするという法律になっているので、借金の相続を回避したい場合などは相続放棄を行い、「はじめから相続人ではなかったこと」にする必要があります。

具体的には、相続が発生したことを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所で手続きをすることで相続放棄は成立します。

注意しなければならない「相続放棄」と「相続分の放棄」

上でお話ししたように、相続放棄という手続きがあるということ自体は、多くの方がご存知かも知れません。

ところが、ご自身では相続放棄を行なっていたつもりが、実は「相続分の放棄」にしかなっておらず、後々トラブルになって困ったというケースが案外多くあるのです。

どういうことなのか、以下で例を見ていきましょう。

両親が亡くなり、2人いる子(長男・次男)のうち長男1人が家業を継ぎ、借金を含めたすべての遺産を相続することになりました。

家を出ている次男は特に反対することもなく、相続を放棄する旨一筆書いて、財産の名義は長男に変更し、相続を滞りなく終えました。

上の例を一見すると問題がないように思えますが、実はこれでは相続放棄とはならないのです。

相続放棄の手続きは家庭裁判所で行う法的な手続きであり、相続人の間で書面や口頭で約束を取り交わしただけでは「相続分の放棄」という状態にしかなりません。

つまり、財産は1円も相続していないけれど、借金返済の義務は負っている状態となり、債権者から督促される立場になり得るということです。

また、行政書士や弁護士に依頼をして「相続分譲渡証書」「相続分なきことの証明書」などを作成することがありますが、これらの書類でも相続放棄とはなりません。

相続放棄には家庭裁判所での手続きが必要となりますので、注意するようにしてください。

相続放棄や相続税について知りたい方、どのような手続きをすればいいのか悩んでおられる方は、一度専門家に相談することをおすすめします。

06-6326-6110

お問い合わせ

top