【コラム】相続の限定承認ってなに?

  • HOME
  • コラム
  • 【コラム】相続の限定承認ってなに?

新大阪駅からすぐの星屋会計事務所では、日々、経営者の身近なパートナーとして、安定的な“成長”と“夢”の実現をお手伝いするために、“お客様ファースト”をモットーにサービス・サポートをお届けしています。

本ブログでは経営者のアイデア・チャンスに繋がる情報を発信して、皆様の経営をバックアップさせていただきます。

今回は“相続の限定承認”についてです。

相続にはどんな方法がある?

相続の方法には、「単純承認」「相続放棄」「限定承認」という3つの方法があります。

それぞれ簡単にご説明しましょう。

・単純承認 = プラスとなる財産もマイナスとなる財産もともに、すべてを引き継ぎます。

・相続放棄 = プラスとなる財産もマイナスとなる財産もともに、すべてを放棄します。

・限定承認 = プラスとなる財産の範囲内で、マイナスとなる財産(借金など)を弁済します。

上記のうち相続放棄または限定承認を選択する場合、相続人は相続の発生を知った日から3ヶ月以内に手続きを行わねばなりません。

期限内に特に手続きがなされない場合は、単純承認が適用されます。

限定承認はどんなときに選ぶ?

先ほど「限定承認は、プラスとなる財産の範囲内で、マイナスとなる財産(借金など)を弁済する」とご説明しました。

具体的な例を挙げると、プラスとなる財産が6,000万円あり、マイナスとなる財産が8,000万円ある場合では、単純承認すれば2,000万円の借金を引き継ぐことになります。

ところが限定承認を行えば、プラスの財産6,000万円分の限度内で返済するので、2,000万円の超過分については返済する必要がなくなるのです。

つまり、財産と借金のどちらが多いのか把握できていない場合や、亡くなられた方と疎遠で債務がどの程度あるのかわからない場合などは、限定承認が選択肢の1つとなるでしょう。

また、借金の返済のために遺産を換金するときに、優先的に相続人が買い取ることができる「先買権」というものがあります。

原則として、限定承認の場合でもすべての遺産は換金のうえ借金の返済に充当されますが、家庭裁判所指定の鑑定人による試算で出された金額を支払えば、手放したくない自宅などを買い受けることができるのです。

このため、相続財産に自宅と借金が含まれているといったケースでは、限定承認を検討することをおすすめします。

ただし、限定承認を行う場合はすべての相続人が承認しなければならず、家庭裁判所への申し立て及び請求申出の広告など、煩雑な手続きを行わなければなりません。

場合により税金が発生することもあるため、限定承認を選びたいけれどわからないことがある、手続きや税金で不安な点がある場合は、専門家にご相談することをおすすめします。

06-6326-6110

お問い合わせ

top