セカンドオピニオン

税務・会計のセカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、顧問税理士以外の税理士や別の専門家に相談することです。
医療現場では、主治医以外に診療内容や治療方針を相談することが、ごく一般的になりつつあります。
税務会計業界においても、顧問税理士以外に相談相手を求めることは決してマナー違反ではありません。
税理士には、それぞれ得意分野があります。「企業税務に精通しているが、相続の案件は経験したことがない」という税理士も決して珍しくないのです。
当事務所ではお客様のご相談を丁寧にお伺いし、必要であればその分野の専門家をご紹介いたします。

よくあるお悩み

  • 同世代の税理士にアドバイスを求めたい
    先代から会社を引き継いだ経営者の場合、顧問税理士は先代からつきあいのある人である場合がほとんどです。
    そのため、「世代が近く価値観を共有できる税理士に相談したい」と考えるケースもあります。
  • 不動産や株式の移転などに関して意見を求めたい
    日常の経理・税務処理には問題がなくても、不動産の売却など、これまで経験したことがない出来事に遭遇したとき、その分野に詳しい専門家に相談したくなる方は多いのではないでしょうか。
    当事務所では経験豊富な司法書士などをご紹介し、スピーディにお悩みを解消します。
  • 相続や事業承継が発生し、相談したい
    顧問税理士が相続・事業承継分野に精通していなかったり、プライベートな内容をあまり知られたくないとき、ご相談に対応いたします。
  • 法人税・相続税などに関する税務調査の結果に納得できない
    税務調査の結果、多額の税金を納付する必要が生じたとき。または、その可能性があるとき。このようなケースで顧問税理士以外の税理士に相談したいとお考えの場合、疑問や問題点を解消するお手伝いをいたします。

専門家として幅広いご相談に対応する星屋会計事務所

顧問弁護士を雇っているという方でも、お悩みの内容によっては他の専門家から意見を求めたいという場合もあるかと思います。
税務・会計のセカンドオピニオンとして別の専門家や税理士をお探しの方は、ぜひ星屋会計事務所へご相談ください。星屋会計事務所は開業支援や資金調達、税務に関する必要な手続きなど幅広いサポートを承ります。初回無料相談を実施しておりますので、新大阪会計事務所をお探しの方はぜひお問い合わせください。